よくある質問

 平成30年度介護保険改定に関するご質問と回答です。
追加してほしい質問などありましたらメールでどうぞ。
よくある質問・介護保険改正編
Q.今回の改定で料金は変わりますか?
→ 基本報酬が変わるので、利用者負担金も変わります。
■回数ごとの料金表(訪問入浴・介護保険)
回数訪問入浴部分浴
1回1,464円1,037円
2回2,926円2,073円
3回4,389円3,110円
4回5,852円4,146円
5回7,315円5,182円
6回8,777円6,219円
7回10,241円7,255円
8回11,704円8,291円
9回13,166円9,328円
10回14,630円10,364円
11回16,092円11,400円
12回17,556円12,436円
13回19,019円13,472円
14回20,481円14,509円
15回21,945円15,545円
Q.前回と異なる点はありますか?
→ 基本報酬が1,234単位から1,250単位に変更されました。
Q.何か手続きが必要ですか?
→ 特にありません。
Q.4回利用したのに、1,464×4の計算と異なります。間違いではありませんか?
→ 利用者負担金は、{([総単位数]×[処遇改善加算(2.3%)])+[総単位数]}×[一単位あたりの単価]÷10 を回数分かけた額ではなく、「介護報酬から介護保険給付で賄われる分を差し引いた額」として算定します。
具体的には、まず全体の介護報酬額を計算することから始めます。
[総単位数]×[回数]×[処遇改善加算(2.3%)]=[@]
次に
[総単位数]+[@]=[A](小数点以下四捨五入)
次に
[A]×[一単位あたりの単価]=[介護報酬額](小数点以下切捨て)・・・A

次に、給付金を請求する際の金額を求めます。@に「10分の9を乗じた金額」と定められているので、
[介護報酬額A]×[給付率(0.9)]=[給付金](1円未満切捨て)・・・B
となります。
最後にAからBを引き、利用者負担金を求めます。
[介護報酬額A]−[給付金B]=[利用者負担金]
となります。計算式の中に四捨五入と小数点以下切捨てが含まれているため1回分×回数の計算とは異なります。

これだけではちょっと解りにくいので、具体例を挙げます。訪問入浴を4回利用したとします。
一回当たり1,250単位、提供体制強化加算36単位、処遇改善加算2.3%、一単位あたりの単価は11.12円なので、介護報酬額は
(1,250+36)×4×2.3%=118…@
5,144+118=5,262…A
5,262×11.12=58,513円…A
です。
次に、給付金を請求する際の金額を求めます。給付率は9割なので、
[A]×[給付率(0.9)]=52,661円…A
これが保険から給付される額です。利用者負担金は、全体の介護報酬額からこれを差し引いた額になるので、
58,513円−52,661円=5,852円
となります。

▲トップ

inserted by FC2 system